フィナス
プロペシアの海外通販
低コストで抜け毛を抑制・育毛を実現
未分類

20代の髪の毛の悩みはAGAが原因

薄毛の悩みというと、ある程度年齢のいった男性が持つものと言う認識がありますが、それは間違っています。

AGAは、男性型脱毛症のことで、成人男性によくみられる症状です。

髪の毛は急激になくなるのではなく、少しずつ減っていきます。

これは、AGAが進行性であるためで、放置しておいても改善することは一切ありません。

そのため、早い人ですが思春期のあたりからおでこの生え際や、頭頂部の髪の毛が薄くなり始めていき、20代に入るころには症状が更に進んでいるということがあります。

薄毛というと、遺伝や生まれつきが原因であると思われがちです。

確かに、薄毛を誘発する男性ホルモンがあることは分かっていますが、そのホルモンを多く分泌している人すべてが薄毛になるわけではありません。

ホルモンの感受性が高く、薄毛の影響を受けやすい人がなる傾向があります。

それでも、感受性が高くても、生活習慣やストレスなどで髪の毛の状態は大きく変化します。

体質だからと諦める必要はまったくありません。

AGAの治療はどんどん進んでいます。

20代ですと、まだ若いので髪の毛に対する悩みも人一倍です。

AGAは進行性なので、対策を行うのならできるだけ早く行うことが望ましいです。

いきなり病院へ行くのに抵抗がある場合は、ストレスを解消する手段をみつけたり、規則正しい生活をするなどライフスタイルを見直すのも効果的です。

睡眠不足や、栄養、休養も髪の毛にとってはとても大切なことです。

朝早く起きて三食きちんと食べる生活にしてみましょう。

病院へ行く場合は、投薬など自分ではできない治療が受けられます。

ホルモン検査などで薄毛の原因を知り、自分に合った治療が受けられるメリットもあります。