プロペシアは通販で買うべき! > AGA治療に掛かる年間の費用

AGA治療に掛かる年間の費用

AGAは、男性ホルモン型脱毛症とも呼ばれている症状で、額から頭頂部にかけての頭髪が軟毛化し、最終的には完全になくなるまで進行します。

これは、この部分の頭髪の成長サイクルが狂わされているからで、DHTという物資が毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結合した場合に発症します。DHTは、男性ホルモンのテストステロンの一部が変化した物質で、II型5α還元酵素に変換されたことで作りだされます。

本来は、男性生殖器の発育に関与しているのですが、毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体の感受性が高い場合は、これと結合することにより頭皮への皮脂の分泌量を増加させます。

また、頭髪の成長サイクルが狂わされてしまうので、本来であれば3年~5年程度続く成長が半年程度で止まってしまいます。これにより、短い状態での抜け毛が増加することになります。

ただし、現在ではこのAGAに対してはプロペシアという治療薬が開発されており、高確率で進行を止めることが可能です。

プロペシアは、AGAの原因物質DHTの生産に関与しているII型の5α還元酵素の活性阻害剤で、頭皮や頭髪へのダイレクトな作用はありません。

しかし、脱毛症を進行させる原因物質の生産量が減少するので、狂っていた成長サイクルが正常な状態に回復して、頭髪も自然に成長できるようになります。なお、AGAは健康に対しての直接的な影響はないので、これを改善するための治療は美容目的と認識されます。

このため、プロペシアも自由診療により処方されるので、医療機関により料金には違いがあります。平均的な相場は1カ月分で1万円前後であり、このことからAGA治療に掛かる1年間の費用は10万円から15万円程度となります。最近ではAGA治療薬 通販も可能なので、そちらですと費用をさらに抑えることができます。

AGA治療に掛かる年間の費用を読まれたあなたにオススメの記事