フィナス
プロペシアの海外通販
低コストで抜け毛を抑制・育毛を実現
プロペシアについて

プロペシアの成分と作用

プロペシアの有効成分「フィナステリド」が開発された経緯

かつては改善が難しいとされていた男性型脱毛症も今や治療で改善できる時代となりましたが、特に薬を使った治療は取り入れやすいことで人気となっています。

薄毛治療薬は直接頭皮につけるタイプもありますが、プロペシアは服用するタイプの薬で、一日一回1錠を続けるだけなので無理なく続けられるのもメリットです。

プロペシアは、もともとは薄毛治療薬として研究されていたわけではありませんでした。その開発が行われたのは1991年で開発に携わっていたのはアメリカのメルク社です。

1992年にはアメリカで前立腺肥大症の治療薬として認可され、そのときの商品名はプロスカーでした。抗アンドロゲン薬と呼ばれており、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されるのを防ぐのに役立ちます。

プロスカーはフィナステリドを5mg含んでいますが、その後は1mgでの研究が行われます。そして、薬を使っていた人に男性型脱毛症の改善が見られたことから、薄毛治療薬としても使われるようになりました。現在では世界60カ国で承認されており、多くの人が薄毛治療に活用しています。

プロペシアが日本で認可された時期や適応症

髪が薄くなる原因にも色々な種類があります。男性型脱毛症の場合は、男性ホルモンが主な原因です。

男性ホルモンのテストステロンが、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変換されると、毛母細胞の働きを悪化させ、薄毛につながります。

テストステロンが5α還元酵素を結びつくことで、ジヒドロテストステロンが発生します。プロペシアに含まれているフィナステリドには、この5α還元酵素の働きを抑える作用があるとされています。

現在では多くの医療機関で処方が行われているプロペシアですが、男性型脱毛症用薬として認可されたのはいつ頃なのかを知らないという人も少なくありません。

1997年12月、アメリカ食品医薬品局(FDA)では、低用量のフィナステリドが、男性型脱毛症の治療薬として認可されました。日本国内では、1年間の臨床試験を行い、2005年10月に厚生労働省に男性型脱毛症の治療薬として認可されています。

日本のメーカーとしてはMSD株式会社から販売されました。プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、男性型脱毛症の治療のほかには前立腺疾患の治療にも役立てられています。

プロペシアの作用機序

プロペシアは、5α還元酵素の働きを阻害し、薄毛の原因となるジヒドロテストステロンの発生を防ぎます。

プロペシアの血中濃度を見てみましょう。

単回投与では健康成人にフィナステリドを0.2mgもしくは1mgを投与したところ、血漿中濃度は投与後1.2時間及び1.4時間で最高濃度に達しています。以降は3時間および4時間の半減期で消失しました。

反復投与の場合は、健康成人にフィナステリドを0.2mgもしくは1mg17日間反復投与したところ血漿濃度は投与後2~3日目に定常状態に達しています。そして17日目における血漿濃度は投与後1.2時間および1.5時間にCMAXに達し、以降4時間で消失しました。

テストステロンに5α還元酵素が結びつくことでジヒドロテストステロンが発生します。ジヒドロテストステロンは毛母細胞の働きを悪くし、毛周期を乱すのです。

プロペシアを続けていくことで、ジヒドロテストステロンの量が減り、乱れていた毛周期も正常に戻っていくとされています。

短くなっていた髪の成長期が延長されることで、AGAの症状が進行することを防ぐことが期待されます。