フィナス
プロペシアの海外通販
低コストで抜け毛を抑制・育毛を実現
プロペシアについて

プロペシアの効果が出るまでの期間

プロペシアの効果で髪が生えてくる!

プロペシアを服用したとき現れる効果は、AGA(男性型脱毛症)の進行を遅らせることです。AGAは男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)によって、髪の毛が育たずに抜けて薄毛になる症状で、多くの場合は頭頂部や生え際から薄毛が進行していきます。AGAは何もしなければ症状がどんどんと進み、毛母細胞が死滅してしまい最終的には髪の毛の生え変わりができなくなり皮膚が露出した状態になります。

プロペシアを飲めば毛母細胞が死滅する前に進行を止めることができるので、頭皮の状態を改善することで再び以前のように強く太い髪の毛が生えてきます。医学的にもその効果は立証されており、世界60カ国で使われています。ただし、すでに毛母細胞が死滅した部分は、たとえプロペシアを使っても蘇ることは復活はできません。つまり、いま髪の毛が生えている部分までを救うことができます。たとえ産毛でも生えているならば、その髪の毛は育てられます。

なお薄毛の解消には発毛と育毛という2つのアプローチがあります。プロペシアの場合には抜け毛になる要因を解消することで、今生えている髪の毛を守り強くて太い毛にする育毛効果を得られます。ですから、発毛効果を持つ薬を使うことで、お互いの効果を合わせてAGAを劇的に改善できます。

プロペシアでAGAが改善される理由を解説

プロペシアでAGAをどうやって改善できるのかというと、抜け毛を引き起こす男性ホルモンのジヒドロテストステロンができるのを防いでいるからです。ジヒドロテストステロンには、髪の毛が生え変わるヘアサイクルにおいて、健康的に育つ成長期を短くする働きがあります。それにより通常よりも早い時期に毛が抜ける退行期が訪れ、休止期を経てまた髪の毛が生えてきます。生えてきた髪はやはりすぐに抜けてしまいます。それを繰り返していくうちに、髪の毛は寿命が尽きて生えることはなくなります。

では、この異常なヘアサイクルを正常に戻せばいいわけですが、プロペシアを飲むことでどう改善できるのかというと、主成分のフィナステリドが男性ホルモンのテストステロンに働く5αリダクターゼという酵素の働きを阻害します。5αリダクターゼはテストステロンをジヒドロテストステロンに変える力を持っています。この酵素の量が多ければ、それだけAGAの症状は重くなります。

そこに、プロペシアを飲むことでヘアサイクルを乱す原因をなくします。すると、髪の毛はすぐに抜けることはなくなり栄養を補給して健康に育ちます。ただし、5αリダクターゼには1型と2型という2種類があり、プロペシアは2型にしか効果がありません。

プロペシアの効果が実感できるまでの期間

プロペシアの力で、AGAの症状は進行を遅延させることができます。しかし、飲んだ当日から変化が出てくるわけではありません。ではいつから効果が実感できるのかというと、服用を始めてから3カ月程度は、まず抜け毛が少しずつ減っていると感じることができます。また、薄毛になりつつあった生え際でも産毛を確認できるようになります。それは周囲の人があまり注目する部分ではありませんから、気がつくのは本人くらいです。さらに4カ月から6カ月に差し掛かるころには、生えてきた産毛が成長して太く長さも伸びます。髪の毛の量が少しずつ増えて頭皮の露出も多少改善されます。この頃になると、見た目に多少の変化が出てきて、本人以外の人もプロペシアの効果がわかります。

さらに継続して6カ月から1年に差し掛かると、抜け毛が以前よりもはるかに少ないということ明らかになり、生え際は前に出てきます。ここまでいけばAGAの進行を止めるという目的は果たせたと言って良いでしょう。

なお、AGAの症状は人によって異なるように、プロペシアの効果を実感できるまでの期間にも違いはあります。プロペシアの説明書では、3カ月で効果が出てくることもあるけれども、普通は6カ月は継続しての投与が必要と書かれています。もし、それ以上の期間をかけても効果がないときには、中止されます。