フィナス
プロペシアの海外通販
低コストで抜け毛を抑制・育毛を実現
プロペシアについて

プロペシアの正しい飲み方・飲み忘れや飲み合わせについて

プロペシアの飲み方と飲む時間

プロペシアは、厚生労働省も認めている薄毛の治療薬です。
厚生労働省も正式に認めている治療薬は数少ないので、信頼性は非常に高いと言えるでしょう。
そんなプロペシアですが、飲み方には注意をしなければいけません。
一般の医薬品は食後や食前など飲むタイミングが決められていますが、プロペシアにはありません。
食前でも食後でも寝る前でも、好きなタイミングで飲むことができます。
飲む時間を決められていないのは、プロペシアの有効成分は24時間以内と決められているからです。
そのため飲む時間は決められていませんが、効果は24時間なので毎日同じタイミングで飲まなければいけません。
たとえば朝起きて7時頃に飲んでいるなら、翌日も同じ時間帯に飲むようにしましょう。
また1日に多くの量を摂取すると効果も高くなり薄毛も速く解消すると思いがちですが、危険ですから指定された用法用量は必ず守りましょう。
具体的には1日1回1mgまでと用法用量で決められているので、リスクを高めないためにも必ず守るようにしてください。
1日1回に飲む量を増やしても効果は出ず、毎日1mgのプロペシアを同じ時間帯に継続して飲むことが薄毛の改善のためには重要なポイントです。

プロペシアを飲み忘れたときの対処法

プロペシアは、毎日同じ時間帯に継続して飲み続けることが大切です。
しかし仕事やプライベートで忙しいと、同じタイミングで飲み続けるのは難しいでしょう。
そのため飲み忘れる可能性も高く、その場合はどのように対処すれば良いかわからないかもしれません。
飲み忘れに気付いた場合は、プロペシアを1日2回分飲んで埋め合わせをしようとしがちです。
ですが飲み忘れたときには、絶対にまとめて2回分飲むのはやめましょう。
まとめて飲んでも忘れた分の穴埋めはできないので、正しい対処法をしてプロペシアを服用しなければいけません。
具体的な忘れたときの対処法としては、いつものタイミングからかなりの時間が経っているときは、1日飛ばすようにしてください。
そして翌日の同じタイミングから1錠飲み始め、いつもの間隔に戻すようにしましょう。
気付いたのがいつものタイミングよりあまり時間が経っていない場合は、その日の1錠を早めに飲んでください。
速やかに飲み忘れに気付いて対処をすれば、1日分の1錠を飛ばす必要はありません。
もし頻繁にプロペシアを飲み忘れてしまうなら、毎日の飲みやすいタイミングに変えて忘れないようにすることも考えておきましょう。

プロペシアを2日に1錠、3日に1錠飲んでもいい?効果が出はじめてから減らす手もある

プロペシアを長期服用していると、気になるのはデメリットの影響です。
子作りにも影響すると言われているので、特に若い男性は気になるかもしれません。
プロペシアの効果は飲み続けないと継続しないと言われていますから、1年以上服用していると減らすことも考え始めるでしょう。
長期服用で薬の影響が気になりはじめたら、1回に飲む量を減らす減薬をしても構いません。
しかし効果が出る前に減薬すると発毛にも影響ができるので、増え始めてから減らすのがおすすめです。
プロペシアを減薬する場合には、一気に飲む頻度を少なくするのはおすすめできません。
減薬をする場合には、飲む頻度を少しずつ長くしていくのがベストです。
最初は1日に1錠を2日に1錠に変えて、それでも発毛に影響が出ていないようならさらに3日に1錠など、少しずつ頻度を抑えていくのが良いとされています。
1年以上の長期服用で発毛の効果を感じ始めたり体への影響が気になりだしたら、一気にやめるのではなく少しずつ使用間隔を延ばしていき、発毛への影響を抑えながらやめると良いでしょう。
1年以上飲み続けるとさまざまな悪影響が出ることも考えるので、様子を見ながらやめることも重要なポイントです。

プロペシアとお酒は一緒に飲んでも大丈夫?

プロペシアは食事に関係する制限がなく、飲み物にも制限がありません。水で服用するのですが、お茶やジュースなどで服用しても特に問題がないそうです。アルコールも問題がなく相互作用上影響はないと言われていますが、適量を摂取していることが前提です。過度な飲酒にはいろいろな悪影響が懸念されるので、飲酒には注意が必要でしょう。タイミングも重要で、プロペシアと一緒の飲むのは危険です。プロペシアの副作用には肝機能障害などがあり、過度な飲酒を行うと肝臓にも負担がかかるので発生しやすくなっては大変です。一般的に副作用が出にくいのですが、過度にお酒を飲むとリスクが高まります。適量の目安として食事に付き500ml缶ビール1本ぐらいが望ましいでしょう。ヘアケアの観点からお酒は控えるべきで、お酒はビタミンBが不足するの皮膚の代謝が悪くなったり、頭皮環境が悪化するケースがあります。アルコールを分解するのにアミノ酸が集中すると、髪の毛に回すことができるアミノ酸が少なくなり髪の毛が細くなり薄くなるケースがあるので注意が必要です。お酒はヘアケアにとってもあまり良くないので、髪の毛を考えるならアルコールは適量にすることをおすすめします。

プロペシアは他の薬と一緒に飲んでも大丈夫?

プロペシアには併用禁忌の医薬品がなく、他の薬と飲んでも大丈夫です。市販の風邪薬といった常用薬と併用しても問題なく、相互作用を起こすことはありません。持病を持っている人も服用している薬と一緒に利用することが可能です。尚、他の薬と同じように肝臓において代謝されるので、肝臓に負担がかかるケースがあるので注意が必要です。肝機能などに問題を持っている人は医師に相談することをおすすめします。併用禁忌ではないですが、妊婦や妊娠している人、授乳中の人は使用していけないことになっています。他の薬と併用すると効果を高くできるものもあり、プロペシアは他のAGA医薬品と併用すると効果的にAGA症状を改善することが可能です。AGAの進行を遅延する効果があったり、他の医薬品の効果によって発毛を促進することができます。基本的に併用禁忌になる薬がないので、市販されている常用薬と一緒に服用しても大丈夫です。他のAGA治療薬などとも併用することができるので、高い効果を期待することができるでしょう。但し、医薬品は肝臓において代謝を行うので、肝臓に何かしら病気を持っているなら医師に相談してから服用すると安心・安全に利用することができます。

プロペシアは育毛サプリメントと併用できる?効果は高まる?

プロペシアは育毛サプリメントと併用することができ、更にこうかを期待することができます。サプリメントは薬ではなく、普段の食生活で不足している栄養素を補給する食品になるので、特に問題がないとされています。抜け毛を予防するには栄養状態は重要です。人間は栄養が不足すると臓器などに対して、生きていくため必要な部位に優先して栄養を回すようになっています。命に影響がない頭皮に届く栄養は少なくなり、どれだけ発毛効果のある医薬品やサプリメントを使用しても髪の毛を作る栄養素がないと大変です。抜け毛が続いたり発毛しないような事態になるので、食事で不足している栄養素をサプリメントで摂取しても問題がありません。プロペシアはいろいろなサプリメントと併用することができ、亜鉛やノコギリヤシ、ビタミンやビオチンなどがおすすめです。例えば亜鉛は男性機能に関係していて、ED症状を改善する効果があるとされています。プロペシアと似た作用を持っていて、発毛を抑制する酵素の働きなどを抑制する効果があります。AGAはもちろんいろいろな原因の抜け毛などにも効果があり、プロペシアと併用することが多いです。バランスの取れた食事を行い、不足している栄養素をサプリメントで補給すると良いでしょう。