プロペシア通販 > プロペシアとミノキシジルの併用の効果・費用などを解説

プロペシアとミノキシジルの併用の効果・費用などを解説

プロペシアとミノキシジルを併用すると良い理由

育毛と発毛、双方から効果を発揮することから、AGA治療において大きな効果をもたらす組み合わせです。育毛はプロペシアが担当することになり、発毛はミノキシジルが担当することになることから、抜け毛の数が増えても頭皮が見えていないような方にはミノキシジルは必要ないと考えることも多いですが、相乗効果を期待することができる組み合わせと考えてください。

プロペシアはAGAの原因となる男性ホルモンのジヒドロテストステロンを阻害し脱毛予防になります。一方ミノキシジルは毛母細胞の活性化と血管の拡張をもたらす発毛促進させます。ミノキシジルは発毛だけにとどまらず、健やかに髪を育成する育毛力が高まることから併用すると良い結果に導きやすいです。

AGAの原因であるジヒドロテストステロンを作らせない体にするのがプロペシアであり、これが第一段階の治療になります。まずはAGA治療の原因を取り除くことが重要です。それと同時にミノキシジルによって、発毛と育毛の観点から薄毛の改善に取り組むと考えるようにしてください。

プロペシアとミノキシジルを併用するのは、攻めるAGA治療となります。なんとしてでも結果を出したい方にこそ、プロペシアのみではなく、ミノキシジルを掲揚することをお勧めします。

ミノキシジルの効果・作用を解説

そもそもミノキシジルは、発毛剤として使われていませんでした。海外では血圧降下剤で使われており、それによる副作用として発毛や頭髪が濃くなったことが確認できたことによって、発毛剤で開発されることになりました。このような効果から、血管を拡張し、毛母細胞の血流改善を促していると考えられています。

しかしそのような作用をする発毛剤は過去に存在していましたが、ミノキシジルほど発毛率は高くありませんでした。塩化カルプロニウムは代表的な発毛剤として販売されていましたが、ミノキシジルほど著しい発毛効果には至っていません。

同じ作用を働くのに、なぜこのような差が生じたのかというと、ミノキシジルに毛母細胞の働きを活発化させる効果があると考えられています。またAGAの研究自体が発展途上であることから、どのようなメカニズムで発毛や育毛を促進させているのかは解明されていませんが、今度この作用は明らかになることが期待されています。

ミノキシジルの効果・作用として、毛包のなかにある毛母細胞に作用をし、成長因子に働きかけ、細胞を増殖させて発毛と育毛を促していると考えるとわかりやすくなるでしょう。一方プロペシアはAGAの原因であるジヒドロテストステロンの産生を阻害する作用があることから、まったく異なる働きかけをしています。

プロペシアとミノキシジルを併用する場合の値段

プロペシアにもジェネリックがあることから、こちらを求めることで安く購入することが可能です。ミノキシジルには二通りの医薬品があります。ひとつはロゲインなどの塗り薬である外用薬であり、もうひとつはプロペシアのように内服する効果を持つものです。一般的に多く知られ、使われているのは塗り薬になっています。

薬局ではリアップとして知られていますが、海外ではロゲインとして販売されていました。今はツゲインと呼ばれるジェネリック薬品もありますので、安く購入することができます。

ただし費用が高くなるのがAGA治療のデメリットとなっていることから、これらの治療薬を求めるとき、個人輸入を使って購入する人が増えています。信頼することができる業者であれば、安心して安くそして本物のプロペシアとミノキシジルを求めることが可能です。

ミノキシジルであれば薬局では1ヶ月に7000円以上するリアップを、ロゲインとそのジェネリックであるツゲインはその半額ほどの価格で購入することできます。個人輸入となると、面倒な手続きが必要になると感じる人も多いでしょうが、そのようなことはありません。まるで通販のように求めることができますので、信頼することができる業者から購入してください。

プロペシアとミノキシジルの併用の効果・費用などを解説を読まれたあなたにオススメの記事