プロペシア通販 > プロペシアが効かない理由は?耐性はある?

プロペシアが効かない理由は?耐性はある?

<p>プロペシアが効かない</p>

プロペシアが効かない理由は飲む期間が短い・用量が少ない

男性型脱毛症は少しずつ進行していきますので、放置していると悪化を続け、かなり薄くなってからでは改善は難しいものがあります。

現在は良い治療方法も登場し、多くの男性が髪の悩みを解消できるようになりました。薄毛治療も色々な方法がありますが、特にプロペシアは飲むだけですので無理なく続けられると人気です。

効果には個人差もありますので、誰もが同じように改善が得られるという訳ではありません。なかには効かないという意見を耳にすることもあります。

プロペシアが効かない理由としては、プロペシアの服用を始めてからの期間が短いということがあげられます。

髪のサイクルが正常に戻るにはそれなりの期間が必要です。1週間ではまだ結果を期待するのは早すぎると言えますし、1カ月や2カ月でもまだ実感を得られる人はそれほど多くはありません。

薄毛治療は焦らず長期に続けていくものであることは理解しておきましょう。

毎日飲んでいるのにも関わらず、良い結果が得られないという理由には、プロペシアの服用量が少ないということもあげられます。

プロペシアは0.2mgのものも販売されていますが、薄毛治療として使われているのはフィナステリド1mgです。飲んでいるに関わらず変化が感じられない人はもう一度用量を確認してみましょう。

プロペシアが効かない理由は5αリダクターゼ1型のAGA・別の脱毛症

プロペシアはフィナステリドを有効成分としており、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの発生を抑えてくれます。治療の効果は個人差があるため、良い結果を得られているという人もあれば、あまり実感が得られないという人もいます。

プロペシア自体は優れたAGA治療薬ですが、どんな症状にも合うというわけではありません。プロペシアと言えど、男性ホルモンが原因ではない薄毛の治療には有効ではない、ということを理解しておきましょう。

プロペシアは、円形脱毛症などの特殊な脱毛症に向けた薬ではありません。服用を続けていても改善は難しいと言えます。脱毛症ごとに向いている治療方法は違いがありますので、それぞれの症状に合う治療方法を選らんでいきましょう。

AGAの原因物質・ジヒドロテストステロンの発生を防ぐには、5αリダクターゼの働きを抑える必要があります。ジヒドロテストステロンには、1型と2型の2種類があります。

2型の5αリダクターゼは前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞に多く存在し、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換する働きがあります。

プロペシアはこの2型の抑制に役立つ薬ですが、皮脂腺に多く存在する1型にはあまり効果的ではないとされています。

ジヒドロテストステロンの感受性によっても効果は変わってきますので、効きやすい体質であるかどうかは遺伝子検査などで調べることも考えてみましょう。

プロペシアに耐性はない!長く飲んでいて効かなくなった理由は?

プロペシアが効かない原因に、薬の耐性があるからではないか?と考えている人もあるかもしれません。

耐性が発生する種類の薬だと、2年、3年と長く続けているうちに効きが悪くなることも考えられます。しかし、AGAの原因物質に対して成分が作用するなかで、プロペシアには耐性が発生しません。

プロペシアを長期的に続けていて、薄毛に効果がなくなった理由には、AGAの悪化があげられます。

プロペシアは、初期の薄毛には良い薬ですが、薄毛が悪化してからでは、プロペシアだけでは改善が難しい状態もあります。薄毛が悪化した場合は、現状を維持する程度となる可能性もあるのです。

よりしっかりと改善を目指すのであれば、プロペシアだけでなく、別の治療方法も取り入れたいところです。プロペシアだけではなく頭皮につけるミノキシジルを併用するという方法もありますし、別の薄毛治療薬に替えてみるという選択もあります。

現在では、進行した薄毛の症例にも対応できる治療法も登場しています。

頭皮に直接育毛成分や成長因子を注入するHARG療法も注目されており、こちらは男性型だけではなく様々な薄毛に対応できることでも人気です。他にも、患者本人の髪の一部を採取し、薄くなった部分に植毛する自毛植毛も良い改善が期待できます。

プロペシアだけでは満足な結果が得られない場合は医師に相談してみましょう。