プロペシア通販 > プロペシアを処方してくれる病院・治療費や保険適用について

プロペシアを処方してくれる病院・治療費や保険適用について

プロペシアは何科の病院・クリニックで処方してもらえる?

プロペシアは、薄毛の治療に使われている医薬品ですがAGA専門クリニックや皮膚科や内科で処方してもらうことが出来ます。これらのいずれの科でも処方されますし、治療費なども自由診療となりますので費用は異なります。

プロペシアには、0.2mgと1mgといったふうに容量が異なる薬が存在しますが症状などに合わせてドクターが患者に処方するのが一般的です。薄毛の治療がしたいと考えている方は、最寄りのクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

プロペシアを使った薄毛治療は、早ければ早いほど良い結果を早期に出しやすくなっています。すぐに効くというものではありませんので、なるべく早めに治療を始めることが推奨されているのが実際のところです。

AGA専門クリニックとそれ以外の医療機関の違いは、専門クリニックの方がより多くの治療やケアをすることが出来る点にあります。頭皮ケアやサプリメントなど、プロペシア以外の治療の選択肢があるのが専門クリニックの特徴です。しかし、プロペシアそのものでも十分薄毛を改善することはできますので、薄毛や髪の毛が細くなったのが気になるという方はプロペシアを処方してもらうことが出来るクリニックの受診がおすすめです。

プロペシアを処方してもらう費用・病院での治療費

プロペシアをクリニックで処方してもらう場合、検査費や診察費などがかかりますしその他初診料などの費用が掛かります。プロペシアをクリニックで処方される場合は、あるクリニックの場合は初診料が3000円で検査代が3600円で薬代が7000円台といった具合です。

クリニックによって1カ月にかかる費用が異なりますし、検査が無いクリニックもありますので料金を安くしたい時にはそのような医療機関を選ぶのがポイントとなります。薬価は1錠当たりで設定しているところもあれば1か月あたりで設定しているところもありますが、長期間飲むことになる薬ですのでなるべく安いところを選ぶ人が多いです。

早めに治療をスタートさせることで、発毛を実感することをできるタイミングも早まるため、薄毛が気になる人には早期の治療をおすすめします。

プロペシアを使った治療には、健康保険が適用されませんので同じ薬を使った治療をするのであればなるべく安いところが良いという意見が多く見られます。しかし、健康的に全く不安が無い薬ではありませんし、薬による様々な作用なども考慮して検査のあるクリニックを選ぶ人も多いです。治療費は自費診療の為、クリニックによって設定は異なります。

プロペシアが保険適用外の理由は?医療費控除も受けられない

プロペシアは、健康保険適用外の治療で処方される薬です。それは、保険証を持ってクリニックに行っても適用されないということになりますので、全額自費診療となるため治療費は高いということになります。

その理由としては、薄毛の治療は病気やケガでは無くて容姿の美化が目的だからです。一般的に、けがや病気などが治療の理由となる場合には健康保険が適用になりますが、美容上の理由で治療をする場合には保健相は使えません。

プロペシアを使った薄毛治療は、医療費控除もうけられません。これも容姿の美化を目的としていて自費診療によるものというのが理由となっています。しかし、プロペシアを使った治療は自費診療となっていますのでクリニックによって料金は異なるというのが実際のところです。

そのため、治療をするときには同じ内容であれば料金が安いところを選ぶ人が多い傾向にあります。医療費控除もうけられずに自費の為料金は高くなりますが、薄毛の悩みを確実に解消することが出来るため多くの人が治療を受けているのが実情です。容姿の美化はそれほど多くの人の希望するところでもあり、こうした治療は保険証を使うことが出来ない自由診療ということになります。