プロペシア通販 > プロペシアの副作用:子作り・うつ・女性化

プロペシアの副作用:子作り・うつ・女性化

<p>プロペシアの副作用</p>

プロペシアの副作用で男性不妊症になると子作りに悪影響

薄毛治療に用いられるプロペシアを取り入れると、男性不妊が引き起こされて子作りに影響が出るとされています。これにはきちんとした理由があり、プロペシアには性欲や性衝動が減退するリビドー減退の副作用がありますし、勃起不全、射精障害、精液減少も指摘されています。更に精液の質も低下して、濃度の減少・無精子症・運動性の低下・精子形態異常なども起こりやすくなり、子供が欲しい人たちにとっては重大な問題です。

これらのことから、今後子供が欲しいと思っているケースでは服用することにためらいを感じて薄毛治療をなかなか開始できないケースがあります。副作用は必ず起こるものではありませんし個人差の大きい部分ですので服用しても問題が発生しないかもしれませんが、子作りを考えている時には慎重にならざるを得ません。たとえ頻度は低くても発生する可能性があることを考慮すると、子作りを考えている時の服用は避けた方が無難です。

影響が出始めてから不安になり、途中で服用を取り止めた場合には副作用による症状が改善される可能性が高くなります。ですから、気付いた時点で止めることでも対処は可能です。しかし、途中で止めると薄毛が進行する恐れがありますので、最初から別の手段を用いた方が良いという意見もあります。

プロペシア服用中に子供ができたら悪影響はある?

既にプロペシアを利用していて、その中で赤ちゃんができた場合には、子供に影響が出るのではないかと不安になります。結論から言うと、男性側が使用してもそれほど不安なことはなく、影響はほとんどないと考えて差し支えありません。問題は女性側が利用していた場合です。

女性が服用していて男児を身ごもっていると、胎児の性機能への影響が懸念されます。プロペシアの成分が移行すると、妊婦の体内でジヒドロテストステロンの働きが抑制され、その影響で生まれてくる子供の生殖器に奇形が発生する可能性があります。

消化器からだけでなく、皮膚から入り込むことでも胎児の生殖機能に障害が出る可能性が指摘されていますので、取り扱いには十分に注意しなければなりません。生まれてくる子供の障害に関しては、実はこれまでに事例がありませんが、妊娠している時やその可能性がある時には触れるのも厳禁だとされているものですので、子作りをしている最中にはそばに置いておくのも止めた方が無難です。

影響を考える時には男性側ばかりに目がいってしまいますが、実際に影響が心配されるのは女性の方です。これは説明書にも載っていることであり、処方される時にも説明を受けます。

プロペシアの副作用でうつ症状が出る原因は?

プロペシアにはフィナステリドという成分が含まれていますが、このフィナステリドの副作用の一つにうつ症状があります。抜け毛が進行するのはジヒドロテストステロンという因子の影響ですが、フィナステリドはテストステロンがジヒドロテストステロンに返還されるのを阻害します。その影響でホルモンバランスが崩れてうつ症状が現れることがありますし、神経ステロイドを減少させる働きもありますので注意が必要です。

神経ステロイドは脳内で作られるものであり、興奮を調整して気分を安定させてくれます。しかし、フィナステリドを取り入れると脳内ステロイドの分泌量が減少しますので、イライラしやすくなったり情緒的に不安定な状態になってしまうこともあります。

また、性欲が減退することで落ち込んでうつ症状が誘発されてしまうケースもありますので、様々な要因からうつ症状が引き起こされると考えるのが妥当です。

薄毛の改善に優れた作用を発揮するプロペシアではありますが、気分の調整が上手くいかなくなって不安を感じたら速やかに受診して相談することが大切です。うつは初期段階で治療を開始すれば改善するまでの時間があまりかかりません。酷くなると治療が長引きますし、症状も重くなります。

プロペシアを飲むと女性化の副作用がある

フィナステリドを含有する男性型脱毛症治療薬のプロペシアは、服用すると女性化の副作用が出ることがあります。胸が痛くなる乳房圧痛や、胸が大きくなる乳房肥大などが具体的な症状です。

女性化の症状が副作用として出てしまう原因は、ホルモンバランスの変化です。

男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変化すると、男性型脱毛症が起こります。毛根の中の毛乳頭細胞にある5-α還元酵素の働きによって、テストステロンはジヒドロテストステロンに変化します。プロペシアに含有されているフィナステリドは5-α還元酵素の働きを阻害する作用があり、それが脱毛の抑制に結び付くというメカニズムです。このメカニズムによりホルモンバランスは変化し、それが女性化につながります。しかし、女性化の副作用の発生率は極めて低く、さほど心配する必要はありません。

副作用が出ないようにするために行うべき対策は、用法用量をきちんと守り正しく服用することです。プロペシアの服用は1日1錠と決められていますので、過剰に服用することは避けましょう。一気にたくさん服用したからと言って髪の毛がたくさん生えるわけではありません。決められた量を服用し続けることが重要なポイントとなります。

プロペシアの副作用で肝臓に異変が起こるかも

プロペシアを服用することで起こり得る副作用が女性化だけではありません。肝臓に異変が起こることもあります。食欲不振や全身の倦怠感や皮膚や粘膜の黄変などの肝機能障害の症状がそれにあたります。

肝機能の数値は血液検査で簡単に調べることが出来ます。γ-GTPやALTやASTなどの項目がその指標となりますので、数値に異常があらわれた場合は早めに医師に相談する必要があります。肝機能障害の症状が副作用としてはっきりと現れないにしても、プロペシアの服用により少なからず肝臓に負担はかかります。

肝臓は解毒や代謝が行われる臓器です。機能が弱まると健康を害してしまいますので、プロペシアを服用している期間中は定期的に血液検査を受けて、指標となる数値を常に把握しておきましょう。

肝臓を健やかに保つために心がけるべきこととしては、お酒の飲み過ぎには注意して意識的に休肝日を設ける、脂肪肝にならないようにするために健康的な食生活と適度な運動を習慣づける、良質な睡眠をとって疲労回復に努めるなどがあります。

肥満で内臓脂肪が増えると脂肪肝の原因になりますので、太らないようにするということも意識しなければなりません。ウォーキングやランニングなどの有酸素運動を行うのが良いでしょう。

その他のプロペシアの副作用(過敏症)

女性化や肝機能障害の他に起こり得る副作用としては、血管浮腫やむくみや蕁麻疹や発疹などがあります。これらの症状が副作用としてあらわれる原因として、過敏症やアレルギーがあります。

プロペシアに含有されているフィナステリドに対する過敏症がある場合は、アレルギー症状が出てしまいます。アレルギー症状が出てしまった場合は、すぐに医療機関を受診して医師に相談してみましょう。投薬などで症状を抑える、他の男性型脱毛症治療薬を用いるなどの処置がなされます。

アレルギー体質の人は、様々なものに対して過敏症状が出てしまいますので、まずは自分が何に対して弱い体であるのかということを検査で調べてもらい、一つ一つの原因に対してアプローチしていくことが出来る対策を講じることが大切です。

対策をして行うべきこととしては、免疫力を高めるための生活を心がけるということです。

具体的に意識すべきことは、栄養バランスのとれた質の良い食事をとるようにする、適度な運動を習慣的に行い代謝を促進させる、疲労回復やストレス解消に努めて自律神経の乱れを整えるなどがあります。

これらの対策を積極的に行うことは、頭皮環境の改善にも結びつきます。プロペシアとの相乗的な作用が得られるでしょう。