フィナス
プロペシアの海外通販
低コストで抜け毛を抑制・育毛を実現
プロペシアについて

プロペシアをやめたら抜け毛は再発!いつまで続けるかは自分で納得できるまで

プロペシアをやめたら薄毛は悪化する!

ダイエットで言うところのリバウンドと同じような現象が、薄毛や抜け毛での対策でも起こりえることで知られています。髪の毛が生えてきたので、ずっと使い続けていた育毛剤や発毛剤の利用を止めたところ、また薄毛や抜け毛の症状が起こるようになったというのが頭皮や頭髪にまつわるリバウンドに似た現象です。完全に元に戻る場合もあれば、むしろ育毛剤や発毛剤を活用する前より症状が進行することもあるとされていますので、本気で薄毛や抜け毛を治したいと考えているなら薬を使うのを止めるタイミングを見誤らないように注意が必要になっています。
具体的に利用を取り止めたところ薄毛や抜け毛が再発したという話が多いのが、プロペシアという飲み薬タイプのAGA対策薬です。人によっては完治しない、納得ができるような効能が得られないなどといった感想もある飲み薬ではありますが、効力そのものが高く使い続けることで髪の毛が生えてくるようになる可能性が極めて高いとされています。しかし一方で、髪の毛が若い頃と同じペースで生えてくるようになったので飲むのを止めたところ、髪が伸びるペースが元に戻ってしまったという事例も多いため、定期的な飲用が推奨されてもいるのです。

プロペシアは長期服用しても問題ない?

お金がかかるという問題もありますが、プロペシアは長期服用しても身体に副作用など問題が生じないのかというと、飲み続けることによる副作用なしと公式にアナウンスされていますので安心です。最初に飲んだ際に頭皮に痛みやかゆみが生じてしまった、赤く被れたなどの悪い症状があった場合には飲用は避けるべきですが、飲んでも問題が無い状況でなら5年でも10年でも飲み続けることが可能となっています。現状維持による害が生じる確率は、極めて低いものとイメージしておいて構わないでしょう。
むしろプロペシアに含まれている成分から考えると、5年10年と継続的に飲み続けたほうが頭皮や頭髪へのポジティブな結果がプロペシアは出やすくなっています。AGA治療は初めてもすぐに発毛が起こらないことも少なくなく、1年ほどかけてようやく髪の毛が生えてきたという話も珍しくありません。つまりプロペシアに関しても3ヶ月や6ヶ月の間、使い続けたところで発毛が見込めなくても、5年10年と飲み続ける内にいい効能に繋がるという可能性もあるのです。
成分がはっきりと明示されていないようなサプリメントよりは、プロペシアのほうが長期服用に向いているくらいの感覚を持っておくといいでしょう。

プロペシアをいつまで続けるかは自分の判断で

しかし一方で、プロペシアを5年や10年と長期間使い続けるにはコストがかなりかかってしまうというのも事実です。個人輸入などで安く入手するとしても、使用期間が長引けばその分だけ当然ながらお金は沢山かかってしまいます。一生やめられないという状況は経済的に厳しいという方が大半なので、この年齢になったら止める、おでこが隠れるくらい髪の毛が伸びるようになったら一旦中断するなど、自分の判断でプロペシアをいつまで続けるかを決めるべきです。薄毛や抜け毛の対策は命に関わるような病気ではありませんので、あくまでも自身が納得できる段階まで続けるくらいの感覚を持っておいたほうがいいからです。プロペシアを一旦中断してみて、薄毛や抜け毛が以前と同じように進行しないことが確認できたときに、プロペシアの飲用を止めるというのもひとつの判断基準だと言えるでしょう。
プロペシアを初めとした育毛剤や発毛剤などは、人生を豊かにするための材料であり一生やめられないなど依存の対象にならないように、節度のある使い方を心掛けることが推奨されています。止め時が自身では分からないようなら、AGAクリニックなど専門的な病院で決めてもらうというのもいいでしょう。